WOWOWの録画をDVDにダビングしてカーナビ等で見る方法。

https://wowlove.net/wp-content/uploads/2020/02/review_man_star2.png
のぶ

録画したWOWOWの番組をDVDに焼くことってできるの?
カーナビで見たいんだけど。

https://wowlove.net/wp-content/uploads/2020/02/review_woman_star3.png
しほ

できるよ。
でもいくつか注意点があるの。
そこさえ気をつければ難しくないよ。

録画した番組をダビングするなら、いまはブルーレイが一般的です。

でもDVDにダビングしたいときもありますよね?

ただ、ちょっと考えるだけで色々と疑問が浮かんできます。

  • ブルーレイレコーダーしかないけどDVDにダビングできるの?
  • 外付けHDDに録画した番組をDVDにするには?
  • どんな種類のDVDが適している?
  • 再生できるプレイヤーに制限は?

などなど。

ということで、今回のテーマは「録画したWOWOWの番組をDVDにダビングする方法と注意点」です。

初心者の方でも理解できるよう、用語の解説を挟みながらわかりやすく解説していきますね。

DVDへのダビング前に必ず確認すべきこと

まず重要事項として、WOWOWの放送は一度しかダビングできません。(以下引用)

著作権の問題を理由に、WOWOWの録画番組は1回しかブルーレイディスク等にダビングできません。これを「コピーワンス」といいます

コピーワンスの番組をブルーレイディスク等にダビングすることを「ムーブ」といいます。

つまり複製するのではなく、データを動かすという意味ですね。

引用元:WOWOWなら録画できる!ブルーレイにダビングして番組を保存しよう。

詳しくは当サイトの別記事
WOWOWなら録画できる!ブルーレイにダビングして番組を保存しよう。
をお読みください。

(以下、当記事で「ダビング」と表記した場合はこの「ムーブ」を指します)

このため一度DVDにダビングしてしまうと、レコーダーの元データは消えてしまいます。

つまり同じ番組を2度とブルーレイディスクにダビングできなくなるんです。(ダビングしたDVDからレコーダーにムーブバックは基本的にできません)

DVDとブルーレイでは当然ブルーレイのほうが画質がいいです。
記録したメディアとしては純粋に価値が高いともいえます。

この記事にたどりついたあなたはおそらく

  • 視聴する部屋にDVDプレイヤーしかない。
  • カーナビがブルーレイ非対応でDVDしか再生できない。

というような状況だと思います。

1枚〜数枚だけDVDにダビングするならいいのですが、今後もずっとDVDにダビングし続けるつもりなら、このタイミングでブルーレイ対応のプレイヤーやカーナビを買って、ブルーレイにダビングするように統一した方が幸せになれるかもしれません。

ただし、そういう場合でも例えば

  • その番組がWOWOWで再放送予定がある。
  • ダブルチューナー以上を使って同じ番組を複数録画しているから、同じ番組のデータが残っている。

という理由があるのなら、試しにDVDにダビングするのもアリかもしれませんね。

https://wowlove.net/wp-content/uploads/2020/02/review_woman_star3.png
しほ

カーナビはまだまだブルーレイ非対応のものが多いから。。。どうしてもWOWOWが見たいならDVDに焼く必要があるのよね。

録画したWOWOWの番組をDVDにダビングする方法

今回説明するのは「レコーダーからDVDにダビングする方法」です。
(これには「ブルーレイドライブ内蔵型テレビからDVD」も含みます)

外付けHDDからDVDへのダビングは少し難易度が高いので、以下の記事で詳しく説明しています。

ダビング作業の流れ

ダビング作業の流れは「準備するもの」→「録画内容の編集」→「ダビング」→「ファイナライズ」の4ステップです。

今からこの4ステップを順番に解説していきますね。

準備するもの

  • ブルーレイレコーダーまたはブルーレイドライブ内蔵型テレビ
  • CPRM対応のDVD-RまたはCPRM対応のDVD-RW

HDD内蔵DVDレコーダーも市場にまだわずかに残っているようですが、ほとんどの場合レコーダーはブルーレイレコーダーだと思います。

「CPRM対応」とは複製防止のコピーワンス信号に対応したディスクのことです。

このディスクじゃないとWOWOWを録画したHDDからダビングはできません。

CPRM対応のDVD-RとDVD-RWは家電量販店やディスカウントショップに普通のDVD-R等と一緒に販売されています。

DVD-RとDVD-RWの差は、書き込みの回数です。

DVD-Rは1回しか書き込みできないですが、DVD-RWは何度も繰りかえし書き込みできるという特徴があります。

もっと知る

CPRMは、Content Protection for Recordable Mediaの略称です。
インテル、IBM、東芝、パナソニックが設立した団体「4C Entity」によって開発されました。

WOWOW等のコピーワンス信号が記録された番組のダビングにCPRM対応ディスクが必要になったのは2012頃からです。

https://wowlove.net/wp-content/uploads/2020/02/review_man_star3.png
のぶ

WOWOWだけではなく、地上波のテレビをHDDに録画してムーブする場合もCPRM対応DVD-RかDVD-RWが必要だよ。
ちなみにブルーレイディスクにはこのCPRMという概念がないんだ。

https://wowlove.net/wp-content/uploads/2020/02/review_woman_star3.png
しほ

DVDにはDVD+RとかDVD+RWという種類もあるよ。
でも名前に「+」が入ったこれらのディスクはダビングには使えないから注意してね。

録画内容の編集

ダビングの前に録画内容を編集したい場合はしておきましょう。
たいていのレコーダーにはこの機能がついているはずです。

番組開始前のCM部分をカットしたり、スポーツやライブであればハイライトだけダビングしたりもできるはず。

詳しくはお手持ちのレコーダーの説明書をお読みください。

ダビング実行

まずはCPRM対応のDVD-Rをレコーダーに挿れて、VRモードにフォーマット(初期化)します。

ほとんどの場合、ディスクを入れるとテレビ側で案内が表示されるはずです。

また、DVD-RWの場合は自動的に初期化される場合がほとんどです。

https://wowlove.net/wp-content/uploads/2020/02/review_woman_star3.png
しほ

フォーマットとは、新品のまっさらのディスクを「書き込み可能」の状態にすることだよ。

VRモードとは

VRとはビデオレコーディングの略。
おもにTV番組を録画する用のモードとされています。
VRモードの特徴は以下の通り。

  • コピーワンスの番組を録画、ダビングできる。
  • 部分的に消去したり、チャプターをつけたりという編集ができる。
  • 再生する機器が「VRモード / CPRMディスク」に対応している必要がある。
注意!

ダビング終了後に再生させる予定のDVDプレイヤー、またはパソコンのDVDドライブが「VRモード / CPRMディスク」に対応しているか、説明書を読んで確認しておきましょう。

これが対応していないと、せっかくダビングしたDVDを再生することができません。

2007年以降に発売されたプレイヤーは対応しているものが多いですが、それ以前のものはほとんど場合対応していません。

またパソコンの場合はDVDドライブが「VRモード / CPRMディスク」に対応していても、べつに再生にはソフトが必要な場合が多いです。

もっと知る

ちなみにDVDへのダビングにはVRモードのほかにVIDEOモードがあります。

VIDEOモードはコピーワンスであるWOWOWの番組を録画、ダビングできません。
でもVRモードのように再生する機器を選ばず、いろいろな機器で再生できるという特徴があります。

市販の映画・音楽DVDはこのVIDEOモードで記録されています。

フォーマットが終わったらダビングを開始します。
お持ちのレコーダーの説明書を読みながら実施してください。

ディスクとレコーダーがともに「◯倍速」の書き込みに対応していたら、高速で書き込み可能です。

個人的には8倍速がおすすめ。

ファイナライズ

ダビングが終了したら最後にファイナライズをします。

ファイナライズは「そのディスクに書き込むことが不可になる」処理のこと。一般的なブルーレイレコーダーであればファイナライズする機能は搭載されているよ。

引用元:WOWOWなら録画できる!ブルーレイにダビングして番組を保存しよう。

このとき、ダビングしたレコーダーでのみ再生するのならファイナライズは不要です。

でもほとんどの場合、DVDレコーダーではなくブルーレイレコーダーを使ってDVDにダビングしているはず。

ブルーレイレコーダーでわざわざDVDにダビングする意味は、別のプレイヤーで再生したいためだから、結局ファイナライズは必ずするといってもいいでしょう。

ファイナライズすることでダビングしたレコーダー以外のプレイヤーで再生できるようになるので、必ずしてください。

https://wowlove.net/wp-content/uploads/2020/02/review_man_star3.png
のぶ

ダビング終了後に勝手にファイナライズがはじまるレコーダーもあるみたい。
もしくは、設定で勝手にはじまるようにできる機種もあるんだって。

https://wowlove.net/wp-content/uploads/2020/02/review_woman_star3.png
しほ

もともとDRでWOWOWを録画していたものをDVDにダビングしたら画質は落ちることになるよ。
自動調整されるか、されないなら画質が低くなるモードを指定してダビングをはじめることになるよ。

まとめ

録画したWOWOWの番組をDVDにダビングする方法について説明してきました。

最後に要点をまとめておきます。

まとめ
  • WOWOWの番組はコピーワンスなのでDVDへのダビングは一回しかできない。
  • ダビング前に再生予定のプレイヤーかドライブがVR/CPRM対応か確認。
  • ダビングするときはVRモードで。
  • 使うディスクはCPRM対応のDVD-RかDVD-RW。
  • ファイナライズは必ずする。
https://wowlove.net/wp-content/uploads/2020/02/review_man_star4.png
のぶ

これでWOWOWの番組をDVDにダビングして、カーナビで見れそうだ!

https://wowlove.net/wp-content/uploads/2020/02/review_woman_star4.png
しほ

ますますWOWOWライフが充実するね。

以上、ここまで読んでいただき感謝です。

あなたのWOWOWライフが良いものになりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です