WOWOWをダビングする!基本的方法と知っておくべき事を解説

https://wowlove.net/wp-content/uploads/2020/02/review_man_star3.png
のぶ

WOWOWってダビングできるの?

https://wowlove.net/wp-content/uploads/2020/02/review_woman_star3.png
しほ

データをブルーレイなどに移すことはできるよ。
でも、複製することはできないんだ。

WOWOWはダビングできるのが大きな魅力です。

VHS世代の方はダビングといえば「同じ内容のテープを複製すること」を思いうかべるのではないでしょうか?

残念ですが、そういう複製・コピーを意味するダビングはWOWOWの番組ではできません。

リッピングといわれる違法コピーは、近年厳しく規制されていますし、もちろんWOWOWもその対象になります。

でもHDD(ハードディスク)からブルーレイディスクにデータを移すという意味では、WOWOWの番組はダビング可能です。

今回は、後者に該当する「データを移す」という意味でのWOWOWのダビングについて、基本的な方法やそのメリット、知っておくべきことを解説していきますね。

WOWOWをダビングするとは?

まずはWOWOWとダビングについてもう少しだけ整理しておきますね。

ダビングという言葉が混乱を招いている

上でも触れたように、一般的に「ダビング=複製」と捉えることが多いですね。

でも、ブルーレイディスクなどへのデータ移行もダビングという言葉に含まれると捉える人も一定数います。

そのせいで、ネット上でもWOWOWはダビングできる人もいれば、できないという人もいて、混乱が生じている現状があります。

地上波はダビング10

地上波放送は現在、複製を意味するダビングはできるのでしょうか?

TV番組を日常的に録画する人はご存知かもしれませんが、これは10回までならダビング可能です。

10回目のダビングを完了した時点で、元のデータは消えてしまいますが。

このシステムをダビング10(テン)といいます。

デジタル放送にコピー制御信号をのせて放送することで、このシステムを実現しています。

総務省の説明を以下に引用しますね。

問3.ダビング10について教えてください。

 地上デジタル放送では高画質な番組が大きな特徴のひとつですが、ダビングした高画質のDVDなどが不正に出回れば、番組の制作者や出演者などの権利が著しく侵害され、良質な番組の提供に支障をきたす結果を招くおそれがあります。

こうしたことを防ぐため、地上デジタル放送にはコピー制御がかけられています。
 このコピー制御のルールが「ダビング10(ダビングテン)」です。

 

つまり、高画質の番組コピーが世の中に出回ってしまうと、番組制作者や出演者の権利が害されるおそれがあるため、ダビングできる回数に制限をかけているわけです。

ほとんどのテレビでは、録画データの一覧を表示させると残りダビング可能回数が表示されているはずですよ。

ちなみに、ダビング10の運用開始は2008年7月です。
それまでは事実上、回数制限なくダビングできていたんですね。

WOWOWはコピーワンスとムーブ

では、WOWOWはどういう取扱いをされているのか?

WOWOWはダビング10ではなく、コピーワンスというシステムが適用されています。

スカパー!や、スターチャンネルなどの衛星放送サービスもコピーワンスです。

このコピーワンスはダビング10とは異なり、1度しかダビングできません。
しかも、ダビングすると同時にダビング元のデータは消えてしまいます。

ダビングというよりデータを移動させているだけなので、この作業はムーブと呼ばれています。

WOWOW公式ページの説明を以下に引用します。

●ムーヴ(移動)について
WOWOWの放送は1回のみ録画可能なコピーワンス信号が付加されています。

HDDからDVD/ブルーレイディスクへのムーヴを行った場合、元のHDD側からは録画した番組が消えてしまいますのでご了承ください。

また、コピーワンスにより、ムーヴ機能の利用は一番組に対し一回に限られます。

引用元:WOWOWお客様サポート(よくある質問)

つまり、正しい言い方をするなら、「WOWOWはダビングが可能」ではなく「WOWOWはムーブが可能」となりますね。

ただ、ムーブという言い方は世間的にあまり浸透していないですよね。
一度だけダビングできるけど元のデータは消えてしまう、といったほうがわかりやすいです。

そういう理由で、この記事でもムーブという表現は使わず、ダビングという表現を使って説明していきますね。

冒頭でも触れましたが、コピーワンス対象の番組を無断複製するのは違法です。

2012年10月1日からは、コピーワンスの信号を解除するだけで違法になる取扱いがされています。

WOWOWをダビングする方法【ブルーレイ編】

ここからはWOWOWの番組をブルーレイディスクにダビング(ムーブ)する具体的な方法を説明しますね。

どの記録メディアからダビングするか

まずダビングする前に、どの記録メディアから移すのかを意識してください。

それによって難易度が変わってきます。

移動元の記録メディアはおそらく以下のどれかでしょう。

  1. ブルーレイドライブ有りのテレビに内蔵されているHDD
  2. ブルーレイドライブなしのテレビに内蔵されているHDD
  3. テレビに外付けしたHDD
  4. テレビと接続したブルーレイレコーダー内蔵のHDD

①は内蔵されているブルーレイドライブでダビングできるのでOKです。

気をつけてほしいのが、②と③のパターンです。

著作権の問題でブルーレイディスクへのダビングが簡単にはできないようになっています。

不可能ではないですが、追加の機材が必要な場合がほとんどで手間とお金がかかります。

④は問題ありません。王道ですね。

ブルーレイディスクにダビングするにはもっとも適した方法です。

番外編として、WOWOWの放送を直接ブルーレイディスクに録画することもできます。HDDをいちいち経由しないで済むのは、たしかなメリットです。ただし、

  • 複数チャンネルの同時録画が不可
  • いちいちディスクを準備するのが面倒
  • ディスクの容量を間違えたり等の失敗が起きやすい

などのデメリットもあります。今回はこの方法は説明しませんが、気になる方はレコーダーの説明書を読んでトライしてみてください。

https://wowlove.net/wp-content/uploads/2020/02/review_woman_star3.png
しほ

急ぎでディスクにダビングしたものが必要なら、最初からディスクに録画する方が合理的だよね。

具体的な手順

上の①と④の場合で説明しますね。

WOWOWをダビングするからといって、地上波の録画した番組をダビングするのと手順的にはなんら違いはありません。

  1. カラのブルーレイディスクをセットしてフォーマットする。
  2. ダビングしたい番組を選択。
  3. ダビング開始。

おおまかな手順としてはこれだけ。

一般的に販売されているブルーレイディスクは、使う前にフォーマットという処理をする必要があります。

https://wowlove.net/wp-content/uploads/2020/02/review_woman_star3.png
しほ

フォーマットは単に「初期化」ともいうよ。つまり新品のディスクを「書き込み可能」の状態にすることだね。

これはカラのディスクを入れると、レコーダー側でテレビ画面に指示を出してくれると思います。

その他の細かい部分はお持ちのレコーダーの説明書をお読みください。

ダビングが成功すれば、勝手にレコーダー側のWOWOWの番組データは消去されています。

ファイナライズは基本的に不要

ファイナライズとは、ダビングした機器以外の機器でもディスクを読み取れるようにする処理のことです。

ブルーレイディスクの場合、DVDと異なりファイナライズは本的に不要です。

以下、専門家監修の記事から引用。

ブルーレイの場合はそもそもファイナライズという概念がないため、ユーザーがファイナライズをする必要がありません。

引用元:all about ファイナライズとは?正しいやり方とファイナライズが必要な機器

もちろん、WOWOWの番組をダビングした場合もこれはあてはまります。

ただし一般的に、ダビングした番組の録画モードがDR以外だった場合は、ブルーレイディスクであっても、他のプレイヤーでは再生が保証されていません。

そのため、DR以外で録画した場合はダビング後にファイナライズしていた方が無難です。

ブルーレイディスクをファイナライズしなかったら、よその家のプレーヤーで再生できなかった、という声がネット上に散見されました。

おそらく、そのほとんどはこのDRモード以外で録画されたものをダビングしたのが理由だと思います。

このあたりはダビングするレコーダーによっても異なるので、お持ちのレコーダーの説明書をご確認ください。

ただし、録画したレコーダーでの再生は100%可能だと思いますよ。

WOWOWをダビングする方法【DVD編】

DVDどころかブルーレイすら少しずつ過去のもの扱いになってきている感もありますが、まだまだDVDが必要とされるシーンもあります。

たとえばカーナビで映画を見たい場合などですね。
ということで、DVDにダビングする方法もついでに解説しておきます。

基本はブルーレイへのダビングとほぼ同じ

当然といえば当然ですが、DVDへのダビングは基本的にはブルーレイディスクにダビングするのと同じです。

  • どの記録メディアからダビングするかに注意が必要
  • 具体的な手順

上で説明した以上の2点はブルーレイと同じと思ってください。

でも異なる部分もあります。

CPRM対応のディスクが必要

DVDへのダビングに使用するのは以下のディスクです。

  • CPRM対応のDVD-R
  • CPRM対応のDVD-RW

このCPRMというのがブルーレイにはなかった部分ですね。(Content Protection for Recordable Mediaの略です)

CPRM対応とは複製防止のコピーワンス信号に対応したディスクのこと。

もっと知る

CPRMとは複製防止のコピーワンス信号に対応したディスクのこと。

Content Protection for Recordable Mediaの略称です。

インテル、IBM、東芝、パナソニックが設立した団体「4C Entity」によって開発されました。

CPRM対応ディスクがコピーワンス対象の番組のダビングに必要になったのは2012頃からです。

CPRM対応のDVD-RとDVD-RWは家電量販店やディスカウントショップに普通のDVD-R等と一緒に販売されています。

https://wowlove.net/wp-content/uploads/2020/02/review_man_star3.png
のぶ

WOWOWだけではなく、地上波のテレビをHDDに録画してムーブする場合もCPRM対応DVD-RかDVD-RWが必要だよ。

フォーマットはVRモードで行う

カラのディスクをレコーダーに入れて、最初にフォーマットを行うのはブルーレイと同じです。

ただし、DVDのフォーマットには以下の2種類の方式があります。

  • VRモード
  • ビデオモード

これを必ずVRモードでフォーマットしてください。

VRモードとは

VRとはビデオレコーディングの略。
おもにTV番組を録画する用のモードとされています。
VRモードの特徴は以下の通り。

  • コピーワンスの番組を録画、ダビングできる。
  • 部分的に消去したり、チャプターをつけたりという編集ができる。
  • 再生する機器が「VRモード / CPRMディスク」に対応している必要がある。
注意

ダビング終了後に再生させる予定のDVDプレイヤー、またはパソコンのDVDドライブが「VRモード / CPRMディスク」に対応しているか、説明書を読んで確認しておきましょう。

これが対応していないと、せっかくダビングしたDVDを再生することができません。

2007年以降に発売されたプレイヤーは対応しているものが多いですが、それ以前のものはほとんど場合対応していません。

またパソコンの場合はDVDドライブが「VRモード / CPRMディスク」に対応していても、べつに再生にはソフトが必要な場合が多いです。
もっと知る

ちなみに、VIDEOモードはコピーワンスであるWOWOWの番組を録画、ダビングできません。
でもVRモードのように再生する機器を選ばず、いろいろな機器で再生できるという特徴があります。

市販の映画・音楽DVDはこのVIDEOモードで記録されています。

ファイナライズは必要

これもブルーレイとは大きく異なる点です。
DVDの場合、ファイナライズしなければ別のプレーヤーで再生できないので、忘れずにしてくださいね。

https://wowlove.net/wp-content/uploads/2020/02/review_man_star3.png
のぶ

ダビング終了後に勝手にファイナライズがはじまるレコーダーもあるよ。
設定で勝手にはじまるようにできる機種もあるね。

https://wowlove.net/wp-content/uploads/2020/02/review_woman_star3.png
しほ

DRで録画していたWOWOWの番組をDVDにダビングしたら、画質は落ちるよ。
自動調整されるか、されないなら低画質のモードを指定してダビングをはじめることになるよ。

WOWOWのダビングにおすすめのブルーレイは?

テレビ番組のダビングに向いたブルーレイディスクには以下の2種類があります。

  • BD-R
  • BD-RE

それぞれ、SONY公式サイトの説明を以下に引用します。

BD-R

1層または2層の追記型のブルーレイディスクのことです。データの読みだしと、書き込みができます。データを書き換えることはできませんが、空き容量が残っていれば、後からデータを書き足す(追記する)ことができます。

BD-RE

3層構造の書き換え型のブルーレイディスクのことです。データの読み出し、書き込み、書き換えがきます。製品によりますが、約1000~1万回ほど繰り返して書き換えができます。

引用元:SONY公式サイト ブルーレイディスクの種類と使い分けについて知りたい

大きな違いは、繰り返して利用できるかどうかです。

BD-Rは一度記録したら、おしまいの使い切りのディスク。
ただし、まだ記録していない部分にあとから記録することは可能です。

対して、BD-REは一度記録した部分を消去して、再度記録しなおすことができます。

これらは用途によって使い分けるのがおすすめ。

ダビングしたものをずっと保存したいならBD-R、一度きりしか見ない番組を録画するならBD-REを選ぶと経済的です。

ちなみに、BD-RとBD-REの関係をDVDに置き換えると以下のようになります。

  • BD-R→DVD-R
  • BD-RE→DVD-RW
https://wowlove.net/wp-content/uploads/2020/02/review_woman_star3.png
しほ

DVDにはDVD+RとかDVD+RWという種類もあるよ。
でも名前に「+」が入ったこれらのディスクはダビングには使えないから注意してね。

さらにこの2種類のブルーレイディスクは、それぞれ以下の種類に分けられます。

  • 片面一層
  • 片面二層
  • 片面三層

違いは、記録可能時間です。

参考までに、ダビングする際のメディア別の記録可能時間をまとめた表を引用しておきます。(DRモードで録画された番組をダビングする想定)

DR録画時の
各メディアの録画時間(数字は目安)
HDD BD-R / BD-RE
500GB 1TB 2TB 片面
1層
(25GB)
片面
2層
(50GB)
DR BS
デジタル
HD 44時間 90 時間 183時間 2時間
10分 
4時間
20分
SD 99時間 198時間 399時間 4時間
20分
8時間
40分
地上
デジタル
HD 64時間 129時間 260時間 3時間 6時間

WOWOWの番組は表の「BSデジタル・HD」のところに該当します。

引用元:当サイト(WOWOWを録画する!基本的な方法と知っておくべきことを解説)

片面三層については表にありませんが、容量は片面二層の倍の100GBです。

WOWOWの番組なら8時間40分程度は記録可能ということになりますね。

一般的な長さの映画をDRモードでダビングするのであれば、2時間10分は記録できる片面一層で十分でしょう。

ちなみにDVDの録画可能時間は以下のようになっています。

DVD-R
DVD-RW
片面一層 片面二層
XP(高画質) 1時間 1時間45分
SP(標準画質) 2時間 3時間35分
LP 4時間 7時間10分
EP 8時間 14時間20分

さて、ブルーレイディスクの価格ですが、例えばアマゾンのBD-Rの売れ筋商品の価格(2020年4月現在)は、

  • 片面一層20枚で2653円(1枚あたり132円)
  • 片面二層20枚で5430円(1枚あたり260円)

といった感じです。

片面三層については現在、安価な商品があまり市場に流通していないので、長時間番組は、片面二層を「◯倍モード」などの長時間モードでダビングするのが現実的だと思います。

https://wowlove.net/wp-content/uploads/2020/02/review_man_star3.png
のぶ

レコーダーの「◯倍モード」は画質を犠牲に録画時間を伸ばすもの。

ブルーレイディスクの「◯倍速対応」は書き込み速度がそれだけ速い(レコーダーも対応していれば)という意味。

両者はまったく関係ないよ。

WOWOWをダビングして保存性を高めよう

一度しかできないとはいえ、WOWOWをダビングする大きなメリットがあります。

それが保存性の向上です。

※以降は、ブルーレイレコーダーの内蔵HDDからブルーレイディスクへダビングする王道のスタイルを想定して話を進めます。

HDD(ハードディスク)は、テレビ内蔵型・外付け型ともに壊れやすい機器。

大手PC関連メーカーも、その寿命の短さを公式ページで訴えています。

以下ロジテック公式サイトより引用。

一般的にHDDの寿命の目安は平均3年~4年程度(時間換算で約26,000~35,000時間)と言われています。しかし、HDDの種類、動作環境、データの管理方法などにより大きく左右されます。

引用元:ロジテック公式サイト HDD(ハードディスク)の寿命は?万が一のために備えを!

24時間電源を入れっぱなしなど、酷使される環境であれば1〜2年で壊れるということも珍しくはありません。

ブルーレイレコーダー内部のHDDは、テレビに接続して使われることで電源のON・OFFが1日に何度も行われることが多いです。

そのため、HDDの電源部が故障しやすく、通常のPC周りの使用と比べて、さらに壊れやすいといわれています。

HDDが壊れてしまうと、せっかく録画したWOWOWの番組データも消滅してしまいます。

ある日突然HDDが動かなくなって、故障してしまうのはよくあるパターンです。

復旧には専門的な技術が必要ですし、それを業者に頼むと高額な料金を支払わなければなりません。(格安業者でも最低2万円以上はかかることが多いです)

それだけは絶対避けたいですよね。

そこで、HDDからブルーレイディスクにデータを取り出すことで保存性はグッと高まるわけです。

まとめ。WOWOWをダビングしよう!

最後にこの記事の要点をまとめますね。

まとめ
  • WOWOWの番組は複製という意味でのダビングはできないが、データを移動させる意味でのダビングはできる。
  • どの記録メディアからダビングするかは重要。それによってやりやすさが異なる。
  • ファイナライズはブルーレイとDVDで要否が異なる。
  • 保存目的ならBD-R、見たあとに消去してもいいならBD-REにダビングすると経済的。
  • WOWOWの番組は片面一層のブルーレイで約2時間10分が記録可能。
  • HDDからダビングすることで保存性が高まる。

WOWOWは月額料金を払って視聴する有料放送です。

せっかくお金を払って視聴するのだから、大好きな番組はずっと保存したほうがおトクですよね。

まだWOWOWをダビングしたことない方も、ぜひお気に入りの番組をブルーレイに焼いて保存してみてください。

https://wowlove.net/wp-content/uploads/2020/02/review_woman_star3.png
しほ

音楽ライブをダビングして、BGMとして聴くのが好きなんだ。

https://wowlove.net/wp-content/uploads/2020/02/review_man_star4.png
のぶ

DVDにダビングしてカーナビで音楽ライブを聴くのもありだね。


以上、ここまで読んでいただき感謝です。

あなたのWOWOWライフが良いものになりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です